FrontPage

django-pistonメモ。0.2.3のちょい先くらいの版で検証。

デバッグの仕方

ハンドラー内部でエラーが起こった場合、pistonはすべてのエラーを握りつぶしてしまう。 レスポンスにスタックトレースが含まれるので、その情報を元に追跡を行う。

流れとしては次のようになる。

  1. urlsの定義。認証やビュー関数への引数などを確認。
  2. formの確認。バリデーションエラーでハンドラに処理がわたらない場合はコレ。
  3. handlerの処理を確認。

tips

form validation

validateデコレータを使用する。

from piston.handler import BaseHandler
from piston.utils import validate

from .forms import HogeForm

class HogeHandler(BaseHandler):
    allow_methods = ('POST', )

    @validate(HogeForm)
    def create(self, request, exercise_id):
        # process this when form validate
        pass

formにアクセスする

def create(request):
    print request.form

trouble shoot

_is_stringほにゃらら〜エラーが出たら

原因: django 1.4に対応していないことが問題。

対策: django-pistonの開発版に上げる!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-17 (火) 19:42:29 (1985d)