FrontPage

pyramid 1.2のメモです。関連→ SQLAlchemy

tips

開発サーバの起動

serveコマンドから開発用ウェブサーバを起動する。

$ paster serve development.ini
  • reloadオプションをつけると、ファイルに更新があったときに再読み込みが行われる。
$ paster serve development.ini --reload

ルート設定を見る

route_name, URL, ディスパッチされるビュー関数の一覧を確認する。

$ paster proutes development.ini

PATH_INFOを利用する

__init__.py

def main(global_config, **settings):
    config.add_route('hoge', 'function/view_page/{page_name:.*}')

views.py

@view_config(route_name='hoge')
def hoge(request):
    pagename = request.matchdict['page_name']
    return Response("this is %s" % (pagename, ))

paster serve時にgunicornを使う

Pasteからgunicornに切り替えるだけ。 この他、gunicorn_pasterというコマンドも利用できる。

development.ini

[server:main]
use = egg:gunicorn#main
host = 0.0.0.0
port = 6543
workers = 2
proc_name = brim

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-15 (木) 21:52:04 (1897d)